後遺症とはいつどのタイミングで自分に振りかかってくるかわかりません。
後遺症になってしまう要因としては、病気やケガの治療をしたにもかかわらず治療後に何かしらの機能障害を起こしてしまうことを後遺症といいます。

病気によって後遺症になってしまう例として脳梗塞があります。脳梗塞は重症化してしまうと寝たきりの状態になってしまいます。早期発見の場合でも足や手にしびれやマヒが残ってしまうため毎日の生活で支障が出てしまう可能性があります。脳梗塞の場合一年以内に再発しやすいという特徴があるため、後遺症の緩和も経過を見ながら行わなければいけません。投薬やリハビリなど体調や症状に合わせて行う必要があり、慎重に行わなければいけません。

また後遺症が起きやすい一番の原因ともいわれているのが交通事故です。交通事故はいつどのような形で巻き込まれるかわかりません。むち打ちから下半身不随など一生背負わなくてはいけない後遺症もあります。不意な事故の場合は特に、身構えることも出来ないため、大きな後遺症につながってしまう可能性があります。交通事故の後遺症の場合、身体的な障害と同時に心的ストレスなど抱えてしまう可能性があります。電車の事故に巻き込まれたときなどは、電車に乗れなくなってしまうケースもあります。

後遺症は心身ともに大きな負担になってしまうケースもあります。なかには日常生活に大きな支障をもたらす場合もあるため今後遺症を緩和させる治療や対処法が大事です。