事故の後遺症として一番多く耳にするのがむち打ちでしょう。むち打ちは交通事故だけではなくスポーツでも相手との衝撃によって起きてしまうことがあります。むち打ちはしばらくすると治るだろうなどと甘く考えてしまう人が多いです。そのため症状が悪化してしまうケースもあります。そこでむち打ちになってしまった場合どのような緩和法があるのでしょうか。

まずむち打ちになった場合、自分で判断する前に医師に相談することが一番です。むち打ちの場合症状が出るまでに1日から3日ほどかかる場合があります。そのため症状が出たころには悪化しているケースもあります。そのため悪化しないためにもすぐに病院に行き数日間は安静にしておく必要があります。むち打ちの場合まず痛みをとることが大事なため、湿布などで冷やしあまりにも痛い場合は鎮痛剤を使用しましょう。痛みが取れてからむち打ちの治療を始めることになります。

むち打ちの後遺症の緩和には、整形外科や整骨院、針灸院などがあります。主に首の筋肉のほぐすことで血流を良くし、機能回復を目指します。むち打ちの場合、首の周りの人体や筋肉の損傷なのか、神経が圧迫しているのかによっても治療法が異なります。痛みの症状の出方も異なるためしっかり医師に症状を伝えるようにしましょう。